刺さないはりで治す不思議な治療 
はり灸あうん 
(予約制)
 TEL 0470-67-4825
    千葉県いすみ市岬町井沢256-6
 診察時間 
 月~金 10:00~18:00
    土    10:00~17:00
 定休日 日、水、祝日
(その他休診日有)

更年期障害

 
40歳を過ぎたころから女性ホルモンの分泌量が減りはじめ、50歳ごろに閉経を迎え、閉経の前後に起こる症状に更年期障害があります。
症状は月経不順、月経痛、ほてり、冷えのぼせ、ホットフラッシュ、頭痛、不安、動悸、イライラ、不安感、憂鬱感などがあります。
 
「原因」
現代医学では卵巣機能の低下により、女性ホルモンの一種であるエストロゲンが減少します。しかし脳内では減少したエストロゲンを作るように視床下部の働きが過剰になります。視床下部は甲状腺や副腎などでのホルモンの産生をコントロールする様々な刺激ホルモンを分泌するので他のホルモンや機能にも影響を与えてしまうため、自律神経のアンバランス等による症状を引き起こします。
 
鍼灸医学では、子宮や卵巣の活動が衰えてくると、今まで「生理」によって行われていた「血」(血液とは違うが大体同じと考えてもいいです)が停滞して「瘀血(おけつ)」となります。瘀血になると、身体や精神活動が本来の機能的な働きができなくなるために、様々な症状が起こるようになります。
また、本来の性格や気質、自分に関わる様々な問題による精神的、肉体的疲労も原因のひとつになります。
 
「類似する病気」
更年期障害とよく似た病気として、うつ病や自律神経失調症があります。
よくわからない時や、今までの投薬などでよくならなかった場合は他の病気を考えるのも大切です。
 
「治療」(一般的な例)
脈診をすると、沈んで渋った脈を打っていることが多くあります。これが瘀血をあらわします。次に、どの臓腑が原因で瘀血を引き起こしているかを調べるために手足のツボを探します。ツボが決まったら鍼をします。鍼をしているのかわからないくらいのソフトな刺激です。
その後はうつぶせになり、特に背中やウエストよりやや下にある仙骨のあたりのツボ反応をみながら鍼をしていきます。治療のイメージとしては身体の中の交通渋滞を良くするようなものです。
 
次はお灸です。お灸は血を動かす作用があるので更年期障害には有効です。基本的には鍼でも治療した箇所の周辺にすることが多くあります。その他にも婦人科系の病に効くツボにお灸をすえます。場合によっては自宅でのお灸をすすめます。
最後に脈をみて終了です。
 
「予後・治療間隔」
治療間隔は週に1度か2度の治療を行います。
予後は人によって本当に様々ですが、3ヶ月から1年をみるようにお願いしています。
 
治療期間中も症状がなかなか改善せずに苦しむことがありますが、身体の中での変化は治療を追うごとに着実に変化していきます。
花を咲かせるには種を植えてからもしっかりと水をあげて肥料を足して日光を浴びせることが大切ですが、もっと大切なのは季節と時間です。
更年期障害の病は適切な処置を施したうえで、治り時がくるのをじっと待たなければいけません。
 
早く苦しみから逃れたい、昔のように戻りたいという気持ちは痛いほど理解できますが、この治り時が来るまでは辛抱してください。なるべくその時がはやく来るように私達もしっかりお手伝いいたします。