刺さないはりで治す不思議な治療 
はり灸あうん 
(予約制)
 TEL 0470-67-4825
    千葉県いすみ市岬町井沢256-6
 診察時間 
 月~金 10:00~18:00
    土    10:00~17:00
 定休日 日、水、祝日
(その他休診日有)

夜間の咳

 

症例1

 
Kさん  40代 女性
来院日 平成25年10月
主訴 夜間の咳
随伴症状 鼻水、喉のイガイガ、微熱
 
問診
数日前から風邪を引き、主訴と随伴症状がある。
夜間の咳がひどく、寝た姿勢になるとつらくなる。昨晩は座ったまま寝るようにした。
 
治療
胸のあたりに手をかざしてみるこみあげてくる熱気を感じる。
寝た姿勢になると咳がでるのは肺が温まってよけいに苦しくなるので肺の熱を取る治療を念頭に置きつつ、風邪の治療もプラスして行う。
本治法は肺の尺沢穴に営気の手法をして熱をとる。また、肩や背中が凝っていると肺や呼吸器系の症状が治りにくいので凝っているところに鍼と灸を施す。喉や鼻の症状には手の大腸経の圧痛を探して各ツボに施灸をする。
鍼はいずれも森本式てい鍼を使用。

 
経過
1回目の治療後、呼吸は楽になるが咳はまだ出る。しかし脉状が良い兆しをみせているので2、3日経っても治りがわるければ来院するように指示する。
 
2回目
別の症状で3週間後に来院。夜間の咳は当日の夜はでなかったとのこと。風邪も良好であったとのことでした。